衣装ケースを活用しよう

衣装ケースを活用して洋服を収納する場合、
まず、どこに衣装ケースを置くかを決めないといけません。

押入れの中に衣装ケースを収める場合は、
まず、横幅と奥行きの長さを測って、購入する衣装ケースのサイズを決めましょう。

管理人のオススメは奥行きの長さに合わせた衣装ケースの活用ですが、
他にしまう物がある場合は、キャスター付きの衣装ケースで移動できるようにするのもいいでしょう。

押入れやクローゼットなど、本来の収納場所に衣装ケースを収めることができない場合は、
衣装ケース1個分のスペースを確保してくださいね。

引き出し式衣装ケースを、天井まで高く積み上げることによって、
少スペースでも十分な収納スペースを確保することができます。

もしくは、引き出し付きのハンガーラックを利用するのもいいでしょう。

引き出し付きのハンガーラック


収納ケース付ハンガー
収納には欠かせないクリアケースと、キャスター付の移動に便利なハンガーラックがセットになって ¥8.900〜 とお買い得です。 さらに お得な送料500円!


引き出し付クローゼットハンガー
引き出し付きで小物からロングコートまで収納可能。引き出しには透明窓が付いているから、中身が分かりやすく便利です。キャスター付きで移動も簡単。豊富なポケットがサイドに付いているので、多様な収納物に対応してくれます。



スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ