熱中症になった時どうする?

| コメント(0) | トラックバック(0)

娘が子供会の行事の途中で、急にくらくらすると言い出しました。

その数分前まで、元気に友達とボール遊びをしていたのに。

その日は、とても日差しのきつい日で、運動場で1時間くらい過ごした後の出来事でした。


とりあえず日陰で横になり、
頭・脇・足の付け根と局所を氷で冷やし、ポカリも麦茶も飲ませて様子を見ていましたが、
意識はあるけど顔色が悪い感じなので、自宅まで車で送ってもらいました。


意識があるから大丈夫だろうと思い、
クーラーで部屋を涼しくし、引き続き局所を氷で冷やしていると、
寒い寒いと言い出し、手がとても冷たくなっていました。


熱は39度まで上がり、一向に下がる気配もなく、そのうちに娘はうとうとと眠ってしまいました。
時々、体がビクッとするので、なんだか不安で、ずっと側についていました。

その間、熱中症の症状・対処法を何度も調べて、
ちゃんとその通りに対処もしているし、意識もちゃんとあるから大丈夫だろうと思いながらも、
なかなか下がらない高熱が、とても怖くて不安で、夜に救急連れて行くことを決心しました。


ほんとなら救急病院なんでしょうが、処置といっても点滴だろうからと思い、
近所の内科で救急受付してくれそうな病院に直接電話をし、連れて行きました。

病院では、時期が時期だけにと、高熱なのでインフルエンザの検査をし、
やはり熱中症だという診断で点滴をしてもらうことになりました。

しかし、子供の血管が脱水症状で細くなっていることと、そこの病院には、子供の患者さんがあまり来ないらしく、子供用の細い針がないということが重なって、結局、点滴は断念して帰ってきました。


娘には、なんとも可愛そうなことをしてしまいました。

今回のことで、熱中症の簡単な知識と予防法なんかは頭に入ってるけど、実際、自分(子供)の身に起きた時の対処法は、知ってるようだけど調べないと不安ってことが身にしみました。


あと、子供の救急受付してくれる内科は事前にチェックしておいた方がいいですね。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sutoresu.arieru.biz/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする